葉酸サプリメントのとりすぎの副作用はあるのか?

葉酸サプリ

 

葉酸は妊娠前や妊娠初期にはとくに必要な栄養素です。葉酸が不足すると貧血をおこしたり免疫力の低下のみならず、胎児に障害がおきることもあります。そこで妊娠時期には1日あたり400μgの摂取が必要です。この量は食事から摂取しようとした場合、過剰摂取になることはまずありません。

 

注意をしなければならないのは、効率的に必要量を摂取できるように考えて、葉酸サプリメントを利用するときです。1日あたりの上限は1000μgとされています。葉酸をとりすぎてしまうと副作用のリスクが高くなります。副作用として報告されているものとして、不眠症や食欲不振、吐き気、むくみがあります。また毛細血管が拡張しすぎるために皮膚に紅い斑点ができる紅斑という症状がでることがあります。また胎児にも影響がでることがあります。わずかですが小児喘息になるリスクが上昇するという報告もあります。

 

葉酸サプリ

 

そのため葉酸サプリメントを使用するときには葉酸がどれくらい含まれているのか、その含有量をチェックする必要があります。そして葉酸サプリメントの説明書に書かれている1日の量を厳守することが大切です。普通の食事では過剰摂取になることはないので、食べ物からのとりすぎについてはあまり神経質になる必要はありません。