葉酸サプリメントの自閉症に対する効果をご紹介!

葉酸サプリ

 

広汎性発達障害に分類される自閉症は、生後30ヶ月までに発症する先天的な脳の中枢神経の機能障害であり、 コミニュケーション障害やパニック障害などの特徴が見られ、境界領域知能と呼ばれるIQ70〜85を境に精神遅滞を伴う知的障害と精神遅延を伴わ無い高機能自閉症やアスペルガー症候群に分類されます。
広汎性発達障害の発症率は、日本国内でも1970年代には1万人に15人でしたが、現在では約60人程度に1人と急激に増加しています。

 

原因としては、この疾患自体が認識された事や診断基準が変更、ワクチン接種などが考えられていますが、妊娠期間中のビタミンBに分類される生理活性物質である葉酸不足の改善が1番大きな要因とされています。
葉酸不足は、脊椎の一部が形成されない二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発症率を高めるとして、厚生労働省は葉酸サプリメントによる摂取が推奨しています。

 

葉酸サプリ

 

妊娠中の葉酸サプリメントの効果は、先天的に葉酸を活性化するメチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素の生成に異常を持つ妊婦の死産や流産のリスクを引き下げ、メチレンテトラヒドラ葉酸還元酵素遺伝子変異の胎児の出生率を引き上げています。
葉酸サプリメントの摂取が、二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発症率の低下させた結果、自閉症の発症率の上昇させていますが、脳の神経細胞が活性酸素の効果により破壊され発症するとも考えれています。